So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
まとめ的リラックス方法 ブログトップ

しんどい人間関係のストレスの原因と解消法 [まとめ的リラックス方法]


スポンサドーリンク





生きていく為には必ずいくつかの人間関係が形成されます。
人間関係と一言で言っても、複雑なものでもあります。
そんな中で、「逃げ出したい」と感じてしまうことはないでしょうか?
ストレスの多くは人間関係から派生しているという話は既出ですが、
今回は人間関係に疲れたときにすると良い対処法を考えていきます。




★人間関係のストレス解消法

①人との距離を置く
人は誰かと接するとき、トラブルにならないよう相手の顔色や機嫌に応じて接します。
相手によって話題も違うので、相手に合わせたり同意したりします。
無意識にそういう調整を行っているのです。
この世界は性格の異なる人ばかり、自分とまったく同じ人はいません。
調整することによって異なる人間同士が上手く共存しています。
では、どこまで相手に合わせるのか、これが問題です。
性格や趣味の相違が大きくなれば大きくなるほど、調整に労力が必要になります。
性格や趣味がまったく異なる人と一緒にいると、それだけで疲れます。
そういう人と接することは自分が成長することにとっては素晴らしい刺激ですが、
あまり長い時間一緒にいると、その疲れも限界に達します。
そんなときはあえて、距離を置いてみます。
ちょっと話をする機会を減らすだけでも疲れ方はまったく異なるでしょう。
距離感がわかれば、その人たちに対するストレスも軽減されます。

②良い人ぶるのをやめる
『良い人』という評価を維持するためには、多くの犠牲を払わなければなりません。
嫌だと思うことも『良い人』と思われたくて「良いよ。」と返事をし、ストレスを溜めます。
他人からの『良い人』という評価の辻褄を合わせる為に、その後はずっと『良い人』を演じ続けます。
ありのままの自分以外の自分を、演じ続けなければならないのです。
本当の自分を出せない場所は、苦痛でしかありません。
自分の目から見た他人に置き換えて考えてみましょう。
『良い人』に便利さ以外の魅力を感じますか?
ありのままの自分で正直にオープンに接する人の方が、好感を持てませんか?
みんな大人ですから、誰しもが憎悪や憎みやイライラや嫉妬など、
いわゆる『悪い人』の感情が湧いたり、自己中心的な部分があったり、
ずるかったり汚い部分があったりすることなんてわかっているし、
そんな負の部分も、理解して受け入れてくれるものなんです。
要は、その感情をどのように表現するか。
相手に暴言をはいたりすれば、それだけ自分にブーメランのように返ってきます。
それは『良い人』を演じるよりもストレスになる可能性が高いです。
相手に直接話したいならば、❝私はこう思っているけれどあなたはどう?❞
❝こういう風にしたいんだけれど、どうしたら良いと思う?❞
冷静な自分で気持ちを相手に伝え、相手がどう思っているかも聞く。
それだけでもしかするとストレスに感じていたことが解決するかもしれません。
もちろん、話し合いの出来ない相手とは距離を置きましょうね。
もっと、自分に正直に生きてみませんか?


③人間関係を整理する
人間関係に疲れたと感じていても、すべての関係に対して疲れている訳ではないと思います。
そこで、人間関係を整理する為に、3つのカテゴリーに分けてみましょう。
『断ち切りたい関係』『距離を置きたい関係』『今まで通りで良い関係』の3つです。
メモなどに書いてみましょう、頭で考えるとぐちゃぐちゃになります。
紙に書いて整理するだけでもすっきりし、落ち着きを取り戻せます。

●『断ち切りたい関係』は実際に切ってみる
もっとも問題になるのは、このカテゴリーに入っている人でしょう。
もしも、『職場にいる人間すべて』がここに含まれるとしたら、
異動や、もう思い切って転職を考えるという手もあります。
友人がこのカテゴリーに入っているなら、関係を断ち切ってしまいましょう。
友人や知人の全員とうまく付き合うことは、実際には不可能です。
疲れを感じるような友人とは有益な関係とはいえません。
もしすぐに断ち切ってしまえないのであれば、徐々に疎遠になるようにしましょう。
この方法だとお互いに負担にならずに自然と距離を置くことができます。

●『距離を置きたい関係』は精神的に離れてみる
このカテゴリーに入った人とは、できれば実際に距離を置きましょう。
こちらからは連絡しないとか、向こうからの連絡を何回かに一回あえて無視します。
実際に距離をおくのが難しい場合は、精神的に距離をおきましょう。
例えば職場関係の人なら、仕事上のコミュニケーションだけを取り、
私語はなるべく交わさないように心掛けるだけでもかなり違います。
家族がこのカテゴリーに入るならば、なるべく外で過ごしたり、
独り暮らしを考えてみるのも良いでしょう。

●『今まで通りで良い関係』はその人との関係を見つめなおしてみる
このカテゴリーは、自分にとってとても大切にするべき人が入ります。
普段は特別意識せずに付き合っていることがほとんどです。
すぐそばにいる人なら、その人との時間を大切にしましょう。
遠い所で暮らしている人なら、連絡をとってみませんか。
大切な人との関係を深めることができれば、精神的に癒されるでしょう。

④アドレス帳を見直してみる
カテゴリー分けで自分のストレス源になっている人間関係が分かったら、
その関係を断ち切るためにもアドレス帳を見直してみましょう。
思い切って連絡先を消してしまいましょう。
また、どのくらいの連絡先がアドレス帳に入っているかも見てみましょう。
その中でここ1か月のうちどのくらいの人と連絡を取り合いましたか?
ここ、1年ではどうでしょう?それ以上連絡を取ってない人は?
もう連絡を取らないと思う人は思い切ってアドレス帳から消去しましょう。
アドレス帳が軽くなると、意外にも心がスッキリすることがあります。

⑤新しい関係を作ってみる
限られた環境でできる関係に閉塞感を抱き、それがストレスになることもあります。
どうしてもその環境から逃れられなかったり、そこある関係を断ち切れなかったり、
そういうケースの方が多いと思います。
その場合は、まったく違う環境に目を向けるというのも一つの手段です。
自分の好きな事で新しい人間関係を作るのです。
新しい友人ができれば、気持ちはそちらの関係に向きます。
その結果、限られた人間関係でのストレスが緩和されるでしょう。
一緒にいて穏やかな気持ちになったり、元気になったりす友人ができれば、
なおストレスが解消されることでしょう。

⑥執着し過ぎている人間関係は一度手放してみる
寂しいから、なんとなく執着している人間関係はありませんか?
物と同じで、あまり執着し過ぎていると自分自身の人生が送れなくなってしまいます。
この人がいなくなったらどうしようと恐怖を感じているような状態になっているなら、
一度今までより少し距離を取ってみたりすることも大切です。

⑦人間関係のストレスは人間関係の中でしか解消できない
ストレスの解消できる人間関係とは❝気心の知れた安心できる関係❞です。
あなたはストレス解消をできるような人間関係がありますか?
仕事で忙しくなれば大切な友人や恋人、家族との時間はどうしても減ります。
職場での関係はホッとできる、何でも言える相手にはなりえず、緊張感が残ります。
気心の知れた相手であれば、リラックスした時間を一緒に過ごせます。
他愛のない話をするだけけでも楽しさや心地よさが残ります。
ありのままの自分でいても良いんだ、と思えることがなにより大切です。
また、一人になることで一時的に安心したりリラックスしたりは可能ですが、
長期に渡って考えると、孤独というのがストレスにもなります。
孤独な人は病気になったり寿命が縮んだりするという研究結果もあるほどです。
ここで先ほどのカテゴリー分けが功をなします。
『今まで通りで良い関係』、見直してみましょう。
気心の知れた、リラックスできる、元気になれる人たちではないでしょうか?
再度、その人たちとの関係を深めていってください。
そうすれば人間関係のストレスを解消していけることでしょう。





人間関係は自分と他人との関わりです。
相手があるから自分の考えだけではどうしようもないと思われがちですが、
自分の行動は自分で決められるものなのです。
複雑になった人間関係にもみくちゃにされ、他人の声に惑わされて、
自分自身がどうしたいのか、心の声が聞こえなくなっていませんか?
もっと自分の声に耳を傾けてください。
どうしたいのか、どうすればよいのかは、あなた自身が一番知っています。
人間関係もあなたの行動でいくらでも変化するのです(*・ω-)b


スポンサドーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

熟睡する方法~質の良い睡眠をとるためにリラックスしよう [まとめ的リラックス方法]


スポンサドーリンク





ストレスを癒すのに最も効果的なことは『休養』です。
身体や心を効果的に休ませる究極の方法は、眠ること。
心身のほとんどの不調は、十分な睡眠によって回復することができます。
夜は意識的にリラックスして。
仕事のストレスや疲れはその日のうちに解消することが大切。




★眠る前のリラックス方法

①聞こえてくる音に耳を傾ける
音の出るモノをすべて消し、夜の音を聞いてみてください。
沈黙に耳を傾けていると、小さな音が聞こえてきて、リラックスできます。
自然の音には、「1/fのやらぎ」と呼ばれる独特のリズムがあります。
1/fのゆらぎを聴くことで脳はα波を出し、リラックスさせてくれるといわれています。
ロウソクの炎、そよ風、木漏れ日、波のさざ波、そして夜空の星のまたたき。
また、細胞の生命活動にも「1/fゆらぎ」はあります。

②癒し系の音楽を聴く
音楽は自分が好きな曲を聴くのが一番だとは思いますが、
リラックスに関してはゆったりとした癒し系の音楽を聴きましょう。
音楽を聴く事で、高い血圧は下がり、逆に低い血圧は上昇。
つまり、誰もが正常な値に近付くように変化します。
また、癒し系の音楽を聴くことで、副交感神経の働きが高まります。
最近はリラックスを目的とした音楽も作られているので、それを聴いても良いです。
歌詞があるとその言葉が頭に残ってしまって離れなくなる可能性があります。
眠る前は歌詞のついていないインストなどの曲を選びましょう。

③穏やかな文章の本を読む
眠る前に本を読んでいて、そのまま寝入ってしまうという経験はありますか?
これは、読書に必要な集中力が脳をリラックスさせ、筋肉の緊張をほぐし、
心拍数を下げ、結果心身ともにリラックスした状態になるからだと思われます。
集中できる環境で読書をすると、わずか6分間で60%以上のストレスが解消されると言います。
本に没頭すると日中の悩みから離れることができてリラックス状態になり、
抱えている悩みからしばし開放されるため、ストレス解消につながるそうです。
考えるという行為から抜け出すのはとてもリラックスできることで、
結果、十分に休息が取れるような睡眠に導くことだできるのです。

④カモミールティーを飲む
カモミールは、ちょっぴり薄めの茶色と金色のような色で、
甘ずっぱいりんごを思わせるような香りに心地よく癒されます。
カモミールティーを飲む最もよい点は、即効性があり、
睡眠不足解消のために定期的に飲み続ける必要がない点です。
カモミールティーを飲むことで就寝前にさらにリラックスすることができます。
特に不安感、不穏感、緊張感がある方の睡眠を助けてくれます。
温ためて飲むと、体がぽかぽか温まり、冷え性の予防・改善対策にもなります。

⑤瞑想の呼吸法を実践する
ヴィパッサナーとは「ありのままを観察する」という意味で、
自分の動作、思考、感覚などをあるがままに観察する瞑想です。
身体の力を抜き、自分の呼吸の出入りを静かに見守りつづけます。
呼吸の出入りを意識しているときは、吸って吐く動作を意識し、
身体の各部分を意識しているときには、その部分の身体的な感覚を意識します。
意識がさんまんになって、ほかのことを考えていることに気がついたら、
その意識を再び呼吸の出入りに戻します。
瞑想の間は心に浮かぶさまざまな考え、「よい」考えも「わるい」考えも、
同じように「さんまんな意識」として、静かに、元の呼吸の出入りに意識を戻します。
瞑想の間はできるだけ身体は動かさないようにしますが、
必要なときは、ゆっくりと、意識的に、動かしても大丈夫です。
心が穏やかになるまで実践してみましょう。

⑥眠る前のセレモニーを作る
色々リラックス方法はありますし、何でリラックスできるかは人それぞれです。
そこで何か一つ、眠る前の儀式として行ってみてください。
な特別なことをやるのではなく、自分の中で決まっているその一連の流れを、
端折らずにいつも以上にしっかりとやってあげます。
イメージとしては、心と体に丁寧に言い聞かせる感じで。
「これからゆっくり休むんだー」と。
そうすることによって、たとえ3時間しか寝られなかったとしても、
何もせず布団に直行した時よりもよっぽど体力は回復するはずですし、
昨日の忙しさを忘れて、すがすがしく目を覚ますことができるでしょう。




眠れないのは体内時計が狂っているのと、頭の方に血がまだ巡っている証拠。
早く起きなければいけない時など脳が緊張して返って眠れないことがあります。
スムーズに眠るためには、眠る1~2時間前から脳をリラックスさせることが大切です。
どうしても眠れないときは、無理に眠ろうとしないこと。
眠らなければならないという焦りが神経を興奮させて、ますます眠れなくなります。
30分たっても眠れないようなら、一度布団から出て気分を変えるのも方法。
しばらくリラックスした時間を過ごすと、自然な眠りに入りやすくなります。
さぁ!今日から快眠を!(¦3ꇤ[▓▓]


スポンサドーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ストレス解消を習慣化していつもリラックスしよう [まとめ的リラックス方法]


スポンサドーリンク





リラックスすることを習慣にしましょう。
リラックスできる方法は人それぞれです。
もしかしたら家でゆったりまったり過ごし体力を回復するよりも、
どこかへ出かけたりガーデニングや執筆の方がリラックスできるかもしれません。
定番のリラックス法であまり効果が無いようであれば、
何か新しいことに挑戦してみましょう。




★長期的なリラックス方法

①定番のリラクゼーションテクニック
瞑想・深呼吸・イメージトレーニング(リラックスできる環境にいる自分)・
ヨガ・マッサージを受ける・筋弛緩法など。
定期的に自分の身体をメンテナンスしていけば、ストレス耐性がに身付きます。

②笑う
一日の笑いのノルマを引き上げましょう。
自分を笑わせてくれる人やモノと時間を過ごすことでよりリラックスできます。
常日頃から笑うクセをつけて、
「笑う = リラックスする」という条件を体に覚えこませておくといいのです。
身につけるまではなかなか難しいですが、いざ緊張したときに、
「無理に笑う」ことで、条件反射によって緊張を速やかにほぐすことが可能になります。

③マインドフルネス
マインドフルネスとは『今この瞬間の自分』にすべての意識を向けることです。
集中力を高め、ストレスを減らし、仕事の生産性をあげるなどの効果があります。
全般的な幸福度も高まります。
座って呼吸に意識を集中したり、歩きながら足の感覚に意識を向けたり、
ジュースを飲んで口・のど・胃などの感覚を観察したりします。
毎日練習するつもりで実践することにより、マインドフルな状態を保ちやすくなります。
何を行うにしても、一つのことに集中するのがポイントです。

④psychology today 5段階プロセス
psychology today オススメの5段階プロセスによって、
自分の生理機能を変えてリラックスしやすくしましょう。

⑴自分が今どんな状況にいるのか、視覚的・精神的に認識します。
 ex)もうすぐ日が沈む時間のオフィスにいる。
⑵自分がどやってその環境に接続されているかを確認します。
 ex)足は床の上にあり、椅子に身体を預けて、洋服が身体を包んでいる。
⑶自分の中で何が起きているか、特に呼吸や心拍数に注意を向けます。
 ex)深呼吸、息を吸うときよりも吐くときを長めにする。
   心拍数が減速していくのを感じようとする。
⑷自分自身を肯定し、落ち着き安心するメッセージを自分に送ります。
 緊張や怒りの気持ちで行わないようにしましょう。
 ex)『切り抜けられる、大丈夫。何が起きてもやれる。冷静にベストを尽くそう。』
⑸静かにゆっくりと今の状態に戻ります。
 ex)リラックスを心と身体に留めたまま、今やる必要があることに集中する。

⑤いつもと違うことをする
ストレス解消のつもりで行っていることも、効果が無いときがあるかもしれません。
そんな時はいつもと違うアクティビティを行ってみてください。
小さい頃、何をしているときが楽しかったですか?
絵を描いているときなら、スケッチブックをもって散歩に行きましょう。
運動しているときなら、歩いたり走ったり、スポーツをしに行きましょう。
いつもとは違う日常を体験をすると、 脳が歓びリラックスするそうです。
自分の本当に好きなことを意識してみてください。

⑥リラックスを意識する
力を抜いたり、癒し系の言葉を思い浮かべたり、リラックスに対して意識的になりましょう。
私たちは常日頃、緊張状態にすら気づけないことが多々あります。
そんなときにでも、『なごむ』とか『手放す』といった言葉を思い浮かべたり、
それを書いたり読んだりすることで事態が好転します。




ストレスは溜まり過ぎると病気になります。
もうすでに心理的・身体的な問題を抱えている場合は、専門医に相談してください。
風邪をひいたら内科に行くのと同じように。
足を骨折したら整形外科に行くのと同じように。
もちろん、ちょっとした症状でもカウンセリング受けてみてください。
スッと心のかたまりが取れることもあります。
一番大事なのは、楽しく過ごすことですから!ヽ(*´∇`*)ノ


スポンサドーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

仕事のストレスで体調不良になる前に [まとめ的リラックス方法]


スポンサドーリンク





適度な息抜きの方法を探しましょう。
休憩中も仕事のことを考えていたり、
息抜きのつもりが休めないことをしていたり(スマホのメールチェックとか)。
『何もしないこと』が大事なんです。考えるのをやめること。
それを不安に思わない状態が、息抜きです。




★仕事のストレスに対するリラックス方法

①何もしない
『何もしない』ということは、意外に難しいです。
ポイントは、誰かと約束したり、情報収集から離れることが重要です。
自分自身がリラックスできること以外は、全てやめてみてください。
「無駄な時間」と考える人もいるかもしれませんが、
このような時間を作ることによってリラックスしやすくなります。
何もしないことに不慣れな人は、まず身体と心の緊張をほぐし、
ぼんやりとした状態で過ごすように連絡しましょう。
それでも耐えられない場合、読書や散歩、音楽鑑賞など、
リフレッシュできるアクティビティをみつけましょう。
脳を活性化させる昼寝も良いです。

②デスクランチをしない
デスクでランチを取ると生産性が落ちるそうです。
自分のデスクから離れてランチを食べるということは気分転換になります。
リラックスのための時間は生産性の向上とつながりがあり、
職場でのストレス軽減や「燃え尽き症候群」を防ぐことができます。
また、同僚と仲良くランチに行くことでチームの絆が強まり、
生産性や仕事の満足度や貢献度を高めることにも繋がります。
もちろん、一人で休憩室でゆったり過ごすのもリラックスできます。
ランチブレイクを犠牲にする必要はないのです。
残りの時間を生かすも殺すもランチのときに何をするかによって変わります。

③プチデジタルデトックス
一定の時間、デジタル環境から距離を置きましょう。
何らかの通知やデジタルノイズに常にさらされていてはリラックスできません。
重要度の高いアラートを除いて、全てのアラームを停止しましょう。
また、メールチェックやネットサーフィンなどもしないようにしましょう。

④スケジュール整理
忙しくて休めないのであれば、Noと言う方法を学びましょう。
時間的に把握する為にも、スケジュールを書き出してみてください。
そして、部屋を綺麗にするように、スケジュールも整理しましょう。
空いた時間に他のスケジュールを入れてはダメですよ。

⑤長期休暇を取る
自分の好きなことを思いっきりできる時間を作りましょう。
非日常の世界へ旅をするのも良いです。
IT技術の進歩により、完全に仕事から離れなれない場合もあるかもしれませんが、
緊急の場合の連絡方法を職場の人たちに伝え、それ以外はのんびりしましょう。





ストレスを感じる職場でも、すぐに辞めたりできないのが辛い所です。
でも私たちは仕事のために生きている訳ではありません。
生きるために仕事をしてるのです。
ストレスで疲労困憊し、仕事するのがやっと、
自分の楽しみなんか全然できていないなんてつまりません。
むしろ、上手にリラックスできるようになれば、もっと生産性があがります。
時間ができるとあれもしなくちゃ!これもしなくちゃ!と思う人は、
まず何も考えない時間を作る勇気を持ってください。
きっと、もっとメリハリのある素晴らしい時間を過ごせるようになります( ´-ω-)。o○(無心)


スポンサドーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

日常のストレスに対するリラックス方法 [まとめ的リラックス方法]


スポンサドーリンク





自分のライフスタイルの中に、リラックスを妨げる要因がないか考えてみてください。
誰しもたまにストレスを感じることはありますが、それがずっと続くようでは問題です。
職場の環境、家庭環境、金銭問題のほか、
捨てられないガラクタまでもが、ストレスの要因になり得ます。
常に何かにストレスを与えられている状態ではリラックスなんでできるはずありません。
また、必ずしも外的要因がストレスを与えているとは限りません。
自分の価値観や性格が、自分自身を緊張させているかもしれないのです。
長期休暇などでリラックスしようとすると、逆に病気になってしまう人もいるようです。
つまり、ストレスが習慣になってしまっているのです。




★日常のストレスに対するリラックス方法

①ストレス因子を探す
自分のライフスタイルの中にあるストレス因子を見つけましょう。
できれば、それに対する行動を見直してみてください。
例えば、誰かに対してストレスを感じている場合、その人との距離をいつもより置いてみたりします。

②日記をつける
SNSではなく、日記をつけてみてください。
SNSでは正直な気持ちを書けないことも多々あると思います。
その日に感じた正直な気持ちを文章に書くことによって、自分を客観視できます。
自分の状態をはっきりと把握でき、悩みや不安の原因がわかることもあります。
また客観視することで、自分の良い所悪い所、得手不得手が分かるので、
物事の判断や行動を最短距離で行うことができます。

③悩む時間を作る
自分が悩んでいる事について考える時間を作りましょう。
考えたらもっとストレスになるのでは?と思うかもしれませんが、
悩む時間を作って考えることで、ストレスや不安を大幅に減らすことができます。
今日はここまで!と決めて、時間を作ってみてください。

④健康の3本柱を大切にする
ストレスを解消するのに重要なのが自律神経です。
自律神経とは、緊張したり集中したりするときに働く交感神経と、
リラックスしているときに働く副交感神経のバランスを取っています。
これが正常に働かないと、ストレスに負けてしまう身体になってしまいます。
大切なのは健康の3本柱、運動・食事・睡眠です。
血行が良くなる適度な運動・栄養バランスのとれた食事・質の高い十分な睡眠。
これらが健康のベースになります。

⑤完璧主義をやめる
家事でも仕事でもそうですが、完璧主義をやめてみましょう。
物事が滞らない範囲で、生産性を高める努力をやめてみましょう。
これは感情的な人ほど難しい作業ですが、視点を変える努力が必要です。
自分の限界を知り、自分がコントロールできるものとできないものを受け入れてください。
大事なのは何時間働くかではなく、何をなし遂げるか、です。

⑥姿勢を正す
立っているときも歩いているときも座っているときも、とにかく力を抜き、
上半身をリラックスさせて、直立するように意識します。
筋肉の緊張状態とストレスには密接な関係があります。
常にこのように上半身を維持しようと心がけると、
いつの間にかいつも同じ姿勢ができるようになるものです。
結果的にいつも自然体でいられるようになります。
これは身体的なリラックスに繋がり、気持ちが落ち着くことになります。





悩みは、ストレスの原因になります。
悩んで解決法や自分がどう行動すればよいか分かるのであれば、悩みましょう。
でも、解決法なんてない場合は?
・・・解決法がないなら悩んでも仕方ないじゃないですか。
自分でどうにもならないなら、悩むのをやめてみましょう。
そんなことに時間を使うくらいなら、楽しい事を考えてみませんか?o(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワクワク


スポンサドーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

職場で簡単にリラックスする方法 [まとめ的リラックス方法]


スポンサドーリンク





なんといってもお仕事中はストレスが溜まりますよね。
ずっと同じ姿勢で仕事をし続ければ、筋肉が緊張し疲れます。
神経を使いすぎれば頭も身体も心も疲弊します。
そこで、ちょっと時間を作ればできるリラックス法をご紹介します。




★職場でできるリラックス法

①親指湯
カップに心地良いと感じる程度のお湯(だいたい45℃くらい)を入れ親指を浸します。
そして、ひたすらボーっとします・・・目も頭も使わずに心地良さに身を委ねます・・・
親指が赤くなって、身体がポカポカしてきたら完了です。
リフレクソロジーでは親指は頭の反射区になります。
なので親指の力を抜いてあげると頭の緊張がほぐれるのです。
目や手、頭が疲れた時に。緊張性の頭痛にも効果があるようです。
寝付けない時も、頭の緊張をほぐして眠れるようになります。

②爪もみ
爪の生え際の角を、反対側の親指と人差し指を使って挟むように揉みます。
一か所を10秒ずつ、しっかりリラックスしたい時は20秒ずつ、少し強いくらいの力で揉みます。
一日に2~3回行います。
親指から順に揉んできますが、薬指は特別な場合以外は揉まないようにするのが定番です。
薬指を揉むと交感神経を刺激して、リラックスとは反対に心も身体も活動的になるからです。
力は強すぎると良くないですが、少し痛いくらいの力で揉んでください。

③トイレへ行く
仕事中は何事もなくても気を張っているのでストレスは溜まります。
一時的に緊張を解くために、用を足す必要がなくてもトイレへ立ちましょう。
この時軽くストレッチや深呼吸などすると更に良いでしょう。
または数分個室に座って瞑想して集中力を取り戻してください。生産性があがります。

④おやつに酸っぱいものを食べる
酸っぱいものは副交感神経を刺激し身体をリラックスモードにします。
血管を開いて分泌活動を促すことで疲労回復や老廃物を排出させるデトックス効果もあります。
酸っぱいものを食べたくなるのは、筋肉疲労がある時です。
仕事でヘトヘトになると疲労物質が溜まるので、そんなときも酸っぱいものが食べたくなります。
ストレスやイライラが溜まっているときは、レモンやオレンジなどの柑橘系の果物。
身体も心もリフレッシュさせる効果があります。
匂いを嗅ぐだけれもリラックス効果があり、気持ちが落ち着きます。

⑤グーパーを繰り返す
緊張すると手を握り締めたり肩がこわばったりして筋肉が萎縮してしまいます。
手首を回したり、グーパーを繰り返して、筋肉をほぐしてリラックスさせましょう。
手首を回したり振ったりして柔らかくしたら、ギューッと結んでパッと開く、を繰り返します。
思い切り指を広げると、背中の筋肉もほぐれます。

⑥首の付け根マッサージ
首の付け根から肩までを円を描くようにゆっくりマッサージします。
こめかみあたりも効くので同様に円を描くようにマッサージします。
二つ合わせてセットで何回か繰り返すと、ポカポカして力が抜けるのを感じるようになります。

⑦色の効果を利用
ストレスを解消しリラックスするには鎮静効果のある青、癒しをもたらしてくれる緑が有効です。
また、茶色も心をゆったりとさせ、落ち着かせてくれます。
色も好みがあるので、自分の苦手な色を無理に使う必要はありません。
特にインテリアなどに使う場合は、面積も広くなるので、自分の落ち着く色を選びましょう。
そして自分の状態に合わせて、小物などにリラックス効果のある色を加えてみてください。
それだけでもかなり気分が変わるはずです。

⑧15~20分の仮眠
眠くて仕事がはかどらない時は、少しでも仮眠すると注意力や判断力などの脳の機能が回復します。
ただし、眠り過ぎは夜の睡眠時に深い眠りを得にくくなるので、15~20分に留めましょう。
仮眠をする際は椅子やソファに座りリラックスした状態になります。
短時間にしっかり寝たいからと言って横になることは避けた方が良いでしょう。
逆に眠さが増してなかなか起きられなくなってしまいます。
椅子に座ったら、寄りかかる、腕組みをする、デスクにうつ伏せになるなど自分がリラックスできる体勢になります。
起きたときには日光を浴びるのが一番目覚めが良くなります。
仮眠前にコーヒーを飲んでおくと、ちょうど起きたときにシャキッとします。





少し時間が取れるときに試してみてください。
大切なのは、何か違うことをするという点。
リラックスしたかったら仕事のことを考えちゃダメですよ!
ただただ、ボーっとしてくださいね ボ━(*゚д゚*)━…


スポンサドーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

いつでもどこでも簡単にリラックスする方法 [まとめ的リラックス方法]


スポンサドーリンク





イラッ!なんでこんなことに!!あーもうたまらん!!!
そう思ったらまず、すぐできるリラックス法を試してみてください。




★5分でできるリラックス法

①ガムを噛む
ガムはイライラを抑えたり、緊張を和らげ、精神状態の安定化が図れると言われています。
コンビニで買っておこう。

②ダークチョコレートを食べる
カカオ成分70%以上のダークチョコレートはリラックス効果や気分の向上効果があると言います。
コンビニで買っておこう。成分をみて、カカオ成分70%以上を選んでね。

③ビタミンCを摂る
ストレスからくるイライラや憂鬱に効果があります。サプリでも良いですが、果物や野菜からが一番!

④熱い飲み物を飲む
脳と腸は関係が深く、腸を温める事で脳でもほっとした感覚か生まれます。

⑤アロマなどの香りを嗅ぐ
一般的にリラックスできるのはラベンダー・イランイラン・カモミール・オレンジスイートなどがあります。
ただ苦手な香りでは逆にストレスになるので、自分が好きな香りを選ぼう。

⑥動物と触れ合う
動物と触れている時、人間は心が穏やかになり、心拍数や血圧が下がります。
近所に触れ合える子がいないか探してみよう。

⑦自然や植物と触れ合う
緑の多い公園や部屋に観葉植物を置くだけでもマイナスイオンがリラックスの効果を発揮します。
観葉植物なら特にサンセベリアという植物が効果が高くお勧め。

⑧友達に電話をする
親しい友達と話せば自分の気持ちを良く理解してくれます。
否定せずに話を受け止め、自分の事を良く分かってくれる事がストレス発散には大切です。
電話でも良いし、逢っても良い。聞いてもらったらお礼を忘れずに。

⑨音楽を聴く
気分にあった音楽を聴くと、自分の気持ちと音楽が一緒になり、心に溜め込んでいたものが外へ出やすくなります。
気分にあった音楽を聴くだけでも良いし、
ソフトな曲を聴いてリラックスし、気分が回復してきたらアップテンポの曲で元気を出すのも良い。

⑩耳栓をする
心を落ち着かせる為には雑音の無い静かな環境がもってこいです。
そんな場所にすぐ行けない場合は耳栓をしよう。

⑪紙に書き殴る
悩んでいる事やストレスになっている事を紙に書き殴ります。その後、それについて何ができるかを書き出します。
出来ることがあったら予定に組み込みます。やれることからやっていこう。

⑫文字で自分にエールを送る
これも紙に書くのですが、自分を肯定する言葉や励ます言葉を書くと、味方がついた気分になります。
『大丈夫!』『よくやった、偉いぞ!』自分の好きな言葉を書こう。

⑬身体を動かす
運動には、ネガティブな気分を発散させたり、こころと体をリラックスさせ、睡眠リズムを整える作用があります。
すぐに運動できなければ、その場でのびやストレッチをしよう。

⑭大声で歌う
大声を出すと緊張する交感神経が刺激されます。その後、その反動で副交感神経が刺激され全身がリラックスします。
歌う、もしくは、叫ぶ!

⑮独りになる
人に気を使うことからも環境に振り回されることからも解放されて、自分と向き合うきっかけもくれます。
緊急の時はトイレへ駆け込もう。絶対一人になれるから。

⑯思いっきり泣く
泣くことの精神的なリラックス効果は、一晩寝るのと同じくらいと言われています。
我慢しないで思いっきり泣こう。

⑰深呼吸する
リラックスして全身の余計な緊張をとる呼吸は. 深呼吸と言われています。
鼻でゆっくり息を吸い吸った息をお腹に溜めるイメージで溜めて、口からお腹に溜まった息をゆっくり吐き出します。
吸うときは何かいいもの、楽しいもの、元気のでるものをイメージをし、
そして吐くときは、体の中の嫌なものや、不安や緊張、苦しい思いを吐き出すイメージで、やってみよう。

⑱笑う
笑うことには免疫力を高めたり、自己治癒力を高める効果や、老化防止などの美容的な効果もあります。
思いっきり笑えるモノを用意しておこう。




すぐに出来そうな事をあげてみました。
後になるほど簡単になっていっています。
泣く・笑うは非常に大きな効果があるそうです。
しかも、笑うより泣く方が効果が高いとか。
仕事中に大笑いとか大泣きとかする訳にもなかなかいかないですが。。。
家にDVD、笑えるモノと泣けるモノを常に用意しておくと良いかもしれませんね!
何かお気に入りのリラックス法が見つかると嬉しいですヾ(o´∀`o)ノ♪


スポンサドーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
まとめ的リラックス方法 ブログトップ
広告スペース
Copyright © 癒され!~リラックスするためのストレス解消方法~ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。