So-net無料ブログ作成
検索選択

リラックスする読書のすすめ~ストレス解消効果 [色々なリラックス方法②]


スポンサドーリンク





最近何か本を読みましたか?
読書が好きな方は隙間時間に本を読むのを楽しみにしているかと思います。
実は、読書にもリラックス効果があるのです。
イギリスのサセックス大学での研究で明らかになりました。




★読書6分でストレス解消!!

イギリスのサセックス大学の研究チームによる実験で、
心拍数の低下や筋肉の緊張緩和からストレスの軽減度合を計測したところ、
読書を行うことで68%軽減するという結果が得られました。
その他にも音楽鑑賞・コーヒータイム・散歩・テレビゲームを検証しましたが、
結果、読書が一番ストレス解消効果が高いと実証されました。

≪ストレス軽減の効果≫
・読書・・・68%
・音楽鑑賞・・・61%
・コーヒータイム・・・55%
・散歩・・・42%
・ゲーム・・・21%

しかも、静かな場所で読書をした場合、
6分あれば60%以上のストレスを軽減できるそうです。




★リラックスに効果的な読書方法

ストレス解消のために読書をするのに最も重要なことは、
『その本にどれだけ没頭できるか』
では、どのようにすれば没頭できるのでしょうか?

①興味のあるジャンルの本を読む
没頭するということは現実を忘れるということです。
どんなに良いと評判の本でも、興味が無ければ気が散ってしまいます。
どのジャンルでも構わないので、夢中になれる本を選びましょう。

②没頭できる本を何度も読む
大好きで没頭できる本であれば繰り返し読むのも良いと思います。
読書中に周囲の音が気になりだしたら、飽きてきている可能性あり。
読む本を変えましょう。

③好きな本の作者の別の本を読んでみる
作者によって書き方のクセなどもあります。
好きな本の作者であれば別の本でも文体やリズムが同じなので、
始めての本でもスムーズに内容に入り込めることが多いです。

④難解な本は避ける
内容が難しかったり、横文字が多い本は避けましょう。
内容を理解するのに意識が取られ、没頭できません。
入り込めてもすぐに疲れて集中が切れてしまいます。

⑤場所を選ぶ
おススメは自宅、電車やカフェも没頭しやすい環境です。
電車やカフェは脳への刺激にならない雑音で満ちていて、
耳から入ってくる情報を遮断してくれます。
そのため、目の前の本に集中しやすいのです。
移動中は読書に最適な時間ですが、乗り物酔いには気を付けましょう。

⑥紙の本を読む
最近はタブレットなどの携帯端末から電子書籍を読む方も多いでしょう。
軽くてかさばらないので便利かと思います。
しかし、読書をストレス解消するために行うのであれば、
『今読書をしている』ポーズをとることになる紙の本を読む方が、
より本の内容に没頭しやすいと言えます。

スポーツ選手が競技の前にする一連の行動を「ルーティン」といいます。
例えば野球選手がバッターボックスで構える前にポーズをとりますよね?
『意識を集中する』ために行う心理学的な行動なのです。
読書においては『ページをめくる』ことがこのルーティンに当たります。





読書が苦手であればもちろんストレス解消にはならないでしょう。
一番大切なのが何かに没頭し現実を忘れること。 その方法として多くの人に効果があったのが読書です。 ということは、没頭できればなんでも良いのです。
その世界に浸ると考えれば、
DVDを見たり、音楽を聴いたりすることも効果的でしょう。

読書、と聞くと小難しく感じるかもしれませんが、
要は本を読んで内容に入り込めば良いのです。
好きな本を選んで読みましょう。
話題性なんて関係ないです。
私は漫画を読みまーす p□qω・´)シャキーン


スポンサドーリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © 癒され!~リラックスするためのストレス解消方法~ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。